富士山
『富士山登山』



8月2日夜山梨県入り

吉田口からの登山開始である。

d0106237_18184341.jpg


今回の兵どもです。っていつものメンバー。

今回のホテルは富士駅のすぐ近く・・・・。そうもしかして、


南氏の言葉を真に受けて、駅近くのホテルを予約する小橋氏。

と言う事は、南氏の言葉


『私たち一軍は、一合目からではなく、駅から富士山頂を目指します。』

バカ・バカ・バカ!!!一合目まで3時間はかかるじゃないか!!


d0106237_18255125.jpg



途中の北口本宮富士浅間神社


d0106237_18284998.jpg



朝ご飯を食べずに、頂上を目指すも、神社付近で食べ物を…


と思ったものの、売店が一つもない、お互いにリュクを覗くが、


登山開始早々、食料が無くなるというアクシデント発生!!



d0106237_18315672.jpg




嫌な予感が…。



d0106237_18341538.jpg



とは言っても流石一軍、慣れたもんである。



d0106237_18353447.jpg



なかなかの滑り出し、1合目・2合目・3合目とスイスイと



d0106237_18364852.jpg




3合目を過ぎた辺りから、土砂降り!!


ここで小橋氏の教訓が生きる。


『男たるもの、天候で左右されるような小さい人間になるな』


d0106237_18384573.jpg




そう今までの練習時の登山も殆ど土砂振り。誰だ雨男047.gif



ここで練習の成果が、土砂振りのまま5合目へ


d0106237_18403870.jpg






5合目からゲリラ豪雨。心折れる!!


1合目から5合目までの時間およそ3時間半。


日ごろの練習の成果である。体力的にはまだまだ余裕である。


d0106237_18444561.jpg



しかし、5合目にして既に着替えのストックが切れる!!


ただただ、甘かった。『登山は準備で決まる』


しかしここで、今日5合目の佐藤茶屋に泊まるお客様の夕食が、


シチューと言う事を聞いた私と南氏は、茶屋で無理を言って4時間の休憩。


そして南氏快心の一言、『シチュー美味しそうですね』2人ともシチューから目を離さない


当然予約もしていない、私達にシチューの余裕などない。


d0106237_18542797.jpg



宿泊する小学生達のシチューを拝借。


おかわりが無いと言う小学生達、唐揚げで我慢させられる破目に…。


若者よ、これが人生だ!!山と一緒で強き者が勝つ、頂点を極めよ!!


と言う事で、完全復活。レベルを上げた二人は19時より登山再開。


d0106237_1912572.jpg



d0106237_1922265.jpg



やばい!!着替えがない。


ただただ寒い!!!


d0106237_193177.jpg



d0106237_1934940.jpg



ここで懐中電灯も切れる。


真っ暗な中登山。ついに山頂へ。


なんと頂上到着深夜1時、予定より早すぎる到着5℃を下回る寒さに、


ただただ寒い。きっと初日の出までに凍死する!!


d0106237_1964659.jpg



案の定、具合が悪い。たぶん風邪だ042.gif


d0106237_1973880.jpg



雲の上は別世界。そして噴火口!!


d0106237_1994991.jpg



d0106237_19103169.jpg



お鉢巡り。噴火口を一周する。そして富士山浅間大社で『夢守り』買う。


ここで、別動隊と合流。しかし、この時には私の体調は絶不調に!!



d0106237_19135678.jpg



ここで、南氏持参のシャンパンで乾杯!!粋だね~。


d0106237_19145893.jpg



みんな無事頂上へ。


小橋氏・辻本氏も余裕発言!!流石!!この短期間で変わる兵達。


富士山を頂上と思うから辛いのだ!!エベレストの練習と思えばなんて事はない、

まだまだ、人生道半ばなのだから。


エベレストまでの道は続く~次の山はどこだ!!

[PR]
by fujitatakumi | 2011-08-15 19:18 | メディア報告